「屍喰らいの冒険メシ」プレイレビュー

魔物が跋扈するダンジョンで遭難した冒険者達が、生き残る為にダンジョン内で発見した素材を使った料理を食べ、ときには魔物の屍を喰らいながら脱出を試みるサバイバルシミュレーションRPG。

※PS4版でエラー落ちが頻発する不具合があったが修正パッチが配信され修正済み。

まずは主人公となるキャラを作成

キャラクタークリエイトではベースとなる容姿を8種類から選択し、顔や髪型、身長など見た目を細かく設定できる。

面白いのは、ゲーム中のキャラアイコンやカットインのポーズを決める事が出来る点。

「剣士」や「槍使い」、「料理人」、全てのパラメータが最弱な「無職」など10種類のクラスから一つを選ぶ。

剣士であれば剣の熟練度が上がりやすいが、他の武器も装備出来る。

ダンジョンの探索

主人公を作成しチュートリアル終了後、仲間キャラクターを3人まで作成(仲間を作らずスタートも出来る)すると本格的なゲームがスタート、拠点のキャンプからダンジョンに潜る。

ダンジョンは挑むたびに地形が変わる自動生成。高低差をジャンプで乗り越え、素材や装備を採集し、魔物と戦いながら探索を進めていく。

ダンジョン内ではゲーム内時間がリアルタイムで経過し、食材の劣化、キャラクターは「カロリー」と「水分」を消耗していく。時間経過で昼から夜になり、夜には魔物が凶暴になる。

魔物達もダンジョン内を徘徊していて、接触するとターン制バトルへ移行する。
魔物の背後から接触すると先手を取れるが、アイテムを拾っている間や背後から襲われると逆に先手を取られる。

バトルが始まるとマス目が表示され、敵味方が素早さの順に行動する。武器やスキルによる攻撃範囲の変化、向きによる命中率やダメージの補正、仲間との連携などSRPGらしい戦略も必要になる。

スキルを使用の際は「カロリー」と「水分」を消費したり、倒した後にも残る敵の死体を喰らいHPの回復やバフなどを得る独自のシステムも存在する。

主人公キャラクターが倒れると、他の仲間が生きていても探索終了となり、拠点へと戻される。レベルは1に戻り素材アイテムも全て失う(難易度イージーでは全アイテム持ち帰れる)が、装備アイテムとキャラクターの武器熟練度は残る為、繰り返し挑んで少しずつ進んでいける。

装備品はコモン~レジェンドまでランクがあり、付与されるスキルも異なる為、装備品掘りも楽しみの一つ。

階層の中間地点で休憩

ダンジョンの次の階層に向かう前に休憩が行える。

休憩ではセーブ、昼や夜まで時間を進めHPを回復する休息や、素材を調理して「冒険メシ」として食べる事でバフを得られ、HP、カロリーと水分の回復が出来る。

まとめ

キャラメイクは容姿の他、性格など細かく設定出来る点はまさにロールプレイ。

冒険メシ以外にも素材を加工して食べる事もでき、有利なバフだけでなくデメリットもあったり、食事以外にも装備を分解し素材を得たり、調理器具や装備の修理キット、矢を作成するなどサバイバル感をガッツリ楽しめる。

歯ごたえのあるゲームだが難易度も3種類から設定出来るので、ライトゲーマーでも楽しめると思う。

ただ装備品の種類は、個人的には少なく感じたし、ストーリークリア後のやり込みダンジョンもあるがそれを合わせても100時間未満でやり切る位のボリュームの為、同社の「ディスガイア」シリーズと比べるとやり込みのボリュームは少なく感じた。

とはいえ100時間近く遊べれば十分だし、キャラメイク、ローグライクという部分に魅力を感じるならプレイして損はないと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました