「ダンジョンエンカウンターズ」プレイした感想

ビジュアルや演出は最低限、徹底的にシンプルを追及したダンジョン探索RPG

開始直後にマス目と数字の世界に投げ出される

街もダンジョンもマス目のみ、施設やイベント、敵も数字で表現されている。

白い数字は施設や回復ポイント、黒い数字は敵とのバトルで、数字が大きいほど強い魔物が出現する。

街には魔物と戦う為に集まった市民が数人いるので、4人選んでパーティーを組む。

かつてダンジョンに挑んで敗れた冒険者達はダンジョン内で行方不明になっている。発見すれば仲間に出来るが、その際はパーティーの枠を空けておく必要がある。

RPG好きにはおそらく残念なお知らせになるが、キャラクターメイキングは出来ない

本作には探索を有利にするアビリティが多数あるが、マップを埋めていく事がアビリティポイントを得る事に繋がる為、基本全てのマスを埋め歩く事になる。

「面倒なシステム」と最初は思ったが実際やってみるとそんな事もなく、むしろマスを埋めていく作業が楽しかったりもする。

階層ごとに何マスあるかは確認出来るので、全て埋めた時にはアビリティポイントと共に小さな達成感も得られる。

本作ならではのバトルシステム

バトルは各キャラクターの素早さに基づいてリアルタイムで進行する。コマンド選択時には時間が止まる「ウェイト」設定も可能だが、難易度の変更は出来ない。

味方も敵も、全てのキャラクターには「防御力」「魔法防御力」が設定されている。

物理攻撃は防御力のみ削れ、魔法は魔法防御のみを削れる。どちらかを削り切った後の次の攻撃で、始めてHPを削る事が出来る。

防御力を0にすれば物理攻撃でHPにダメージを与えられるが、ここで魔法攻撃をすると魔法防御を削るだけとなり、HPは削れない。

この点が本作ならではのシステムだと思うが、中には防、魔防に関係なく直接HPにダメージを与えてくる敵もいる。

キャラ強化は地道

敵を倒して経験値を貯めてレベルを上げ、お金を貯めて装備を整える事でキャラを強化する。

装備品にはコストが設定されていて、コストの最大値はレベルアップで上がっていく。

レベルアップで上がるのはHP装備コストの2点のみ。つまり装備の強化が重要になる。

装備品は敵を倒して入手する他、購入出来る施設もある。最初の時点では品揃えが少ないが、新しい敵を倒していく事で品揃えは増えていく。

RPG好きの為のRPG

BGMも最低限。ダンジョン内は環境音のみだが、バトルはロック調のBGMが用意されている。

重厚なストーリー、ドラマチックな演出、有名声優が演じる魅力的なキャラクターをお求めの人には全く刺さらないゲームだろう。

「JRPG」ではなく「RPG」が好きな人には、魅力的な作品だと思います。

個人的にはこういうRPGだからこそキャラメイクは欲しかったが、そこ以外は文句無し。今の時代に本作のような原点回帰とも言えるRPGを遊べるのは嬉しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました